受付時間 日・祝
8:45~12:00
14:30~17:30

※木曜・土曜午後・日曜・祝日は休診
※未就学児のみ予約可能

ドライアイ

ドライアイについて

ドライアイ

涙の量が減少、あるいはその量が十分でも質が伴っていないことから、角膜や結膜などの目の表面(上皮)が傷つきやすくなっており、そのことで目の乾き、充血、目の中のゴロつきなど目に様々な不快な症状が現れている状態がドライアイです。

この場合、涙の量が減少するはずなのに逆に涙が大量に出ることがあります。ただこれは質の伴わない涙で、乾燥により目が過敏になったことで、反射的に出てしまうものです。

なおドライアイは主に2つのタイプに分類されると言われています。ひとつは涙の分泌量が減少するタイプで、もうひとつが涙の蒸発が亢進するタイプです。涙の減少については女性の更年期障害の症状などでよく見受けられます。一方、涙の蒸発が亢進するタイプは、全ドライアイ患者の80%近くに達すると言われ、主な原因としては、PC画面を見続けながらの長時間作業(VDT作業)の増加、スマートフォンの普及などにより、目を酷使する機会が増えたことが挙げられています。また、エアコンによる室内の乾燥、コンタクトレンズの長時間装用、ストレスの増加なども後者のタイプです。

検査について

ドライアイの症状が疑われる場合、診断をつけるために問診・視診の後に検査が行われます。どの検査にしても時間は短くて済むほか、痛みなどは生じません。

涙液層破壊時間(BUT:Break Up Time)検査

目を開けたままの状態にして瞬きはしません。これによって涙の層がどのくらいの時間で壊れるかを、細隙灯顕微鏡を用いて観察・測定します。

生体染色検査

角膜や結膜に傷や凹凸などがあるかを調べるために行います。検査内容ですが、色の付いた検査液を点眼します。角膜に傷などがあるとその部分に色がつき、その重症度合もわかります。

治療について

まずは目の乾燥を防がなくてはならないので点眼薬を使用します。その種類はいくつかあって、人工涙液、ヒアルロン酸製剤、ムチンや水分の分泌を促進する点眼薬、ムチンを産生する点眼薬などを用います。

上記の点眼薬で効果がみられなければ、涙点プラグを使用します。これは、涙点と呼ばれる上下のまぶたの鼻側にそれぞれ1つずつある涙の排出口に栓(プラグ)を差し込んで目に涙を溜める治療法です(涙点プラグ挿入)。なおプラグの挿入については数分で済みます。このほか重症の方を対象に行う血清点眼、外科的に糸で縫合する涙点閉鎖術を行うこともあります。

クリニック概要

石井眼科クリニック
診療科目
眼科
電話番号
048-689-0222
住所
〒337-0053 埼玉県さいたま市見沼区大和田町1-1295
アクセス
東武アーバンパークライン大和田駅徒歩3分
マルエツ大和田店前、大和田メガネ・コンタクト隣り
駐車場
20台駐車可能※駐車場はクリニック横の他、大和田公園通り沿いにもございます。
受付時間 日・祝
8:45~12:00
14:30~17:30

※木曜・土曜午後・日曜・祝日は休診
※未就学児のみ予約可能